キャッシング限度額

a better tomorrow

収入とキャッシング限度額

カードローンを申し込むと希望する限度額に応じて年収証明をしなければいけない場合があります。大抵は給与明細や所得証明を提出することで証明ができます。

消費者金融系のカードローンは総量規制があります。これは年収の3分の1までしか借りられないという規制で、これを守るために消費者金融系のカードローンでは50万円以上の限度額を希望する場合には年収証明が必須になっています。他社に借り入れがあって今回の融資で100万円を超える場合も同じです。消費者金融系のカードローンでは低めの限度額から年収証明を求められます。

銀行系のカードローンでは総量規制にかからないので年収証明が必要な限度額は高めになっています。100万や200万、300万までなら年収証明不要というところもあります。ただし、これはあくまで原則としてなので、年収が十分でなかったり職業が不安定な場合は追加で年収証明を求められることはよくあります。こちらも給与明細などはあらかじめ用意しておいたほうが審査は早く進むでしょう。